内定をもらって、さあ入社となった時に「残業」って怖い響きですよね(笑)残業なんてしたくない!って言う人、多いと思います。そりゃ誰だってはやく帰りたいと思うのは当然のことです。

ですが仕事第一がまだまだ浸透している日本で残業を自分の好きなようにコントロールできるものでしょうか?上司から言われたら、有無を言わさずに残業をしなければならないのでしょうか。

残業って断れるの?

仕事を自分で決められて、処理能力が高いこと

ある商社では毎日のように夜遅くまでみんなが残って仕事をしていました。しかしある管理職の人だけがすぐに帰っていました。大体18時とか18時30分には席を立って帰っていたのです。

なぜこの管理職の方がこのように早く帰ることができたのでしょうか。ポイントは下記の二つになります。

  • 自分で仕事を決める事ができたこと
  • 仕事の処理能力が高かったこと

この二点が残業をせずに帰ることが出来たポイントといえます。もちろんですが、まったく残業をしなかったわけではなく、出張の際には接待もしていましたし、接待ゴルフなどもしていました。部下の人のケアのために飲みに行く何ていうこともしていました。

なので100%残業ゼロだったわけではありません。ですが、自分で仕事の範囲を決めてそれをスピーディーに高いレベルでこなすことができれば、残業はゼロに近づくのです。

新入社員で残業をしないためには

新入社員で残業をしないためにどうするか?という点については運もあります。めちゃくちゃ厳しい会社に入れば、残業だらけになってしまうでしょう。有名な電通による過労死事件はまさに残業だらけでした。プラスパワハラなのですから心身ともに誰もが疲弊してしまうでしょう。

なので運の部分も大きいですが、運以外に自分でできる点としてはできるだけ早く仕事の能力を上げることです。少しでも仕事に慣れて、仕事を効率的にこなす方法を見つけ、自分に任された仕事を早く終わらせる力をつけること、これが一番の残業をしない方法と言えるでしょう。

新入社員として入社した方はぜひ自分の能力を上げることを念頭に置いて、仕事を行いましょう。必要以上に仕事をふってくるような、そんな企業の場合は転職も考えるのが一番です。その際はぜひBcsのセミナーやイベントにお越しくださいませ。